先輩たちの声
介護職

経験ゼロから働きながら学びました。
「必要とされる人間でありたい」
という気持ちを大切にしています。

介護職 入社4年目
高橋 利幸
Toshiyuki Takahashi
2018年入社 こゆらり高輪

 

志望動機と入社の決めて

家族の高齢化という自身の生活環境の変化に伴って「介護」が身近になり、知識・技術を習得したいと思ったこと、また前職のアパレル営業で培った「相手の考え方を理解する能力」は介護の仕事にも活かせるのではと考え、入社を決めました。
介護の知識・経験はゼロでしたが、こゆらり高輪で働きながら初任者研修の資格を取得できることも魅力でした。
「通い」「訪問」「泊り」を組み合わせた多様なサービスを提供する小規模多機能型居宅介護『こゆらり高輪』は、介護の基本を学ぶことができる施設ですね。

仕事のやりがいと今後の目標

仕事をする上で大切にしているのは「必要とされる人間でありたい」という思いです。
介護職として働く上で心掛けていることは第一に利用者様の安全を考えて見守り・介助を行って安心していただくこと、第二に利用者様の気持ち・考え方に寄り添い信頼関係を築くこと、第三に利用者様の社会参加、生活意欲の向上に貢献することです。
今後は介護福祉士資格を取得して更に知識・技術を向上させ、利用者様やご家族様により一層信頼される介護職員を目指したいです。

介護職を目指す後輩たちへメッセージ

介護の需要と役割は今後ますます大きくなります。介護の仕事は利用者様の命にかかわるものですので、日々、緊張感をもって仕事に取り組み、利用者様やご家族様に安心・信頼いただけるよう心がければ、自ずと日々の業務において「やるべきこと」が見えてくると思います。
周りの先輩たちのよいところを取り入れながら、一緒に自分らしい介護職員を目指していきましょう。

Entry募集要項

新卒採用

中途 / パート・アルバイト採用

TOP