5月 給食だより

【朝食と生活リズムの関係】

朝食をしっかりと食べる事で、胃腸が刺激され排便の習慣も未につくようになります。朝ごはんを食べるためには、朝ギリギリまで寝ていると食欲が出ないため、早寝・早起きが大切です。

毎日、3食決まった時間に食事をとることで規則正しい生活習慣が身につき、子どもの健やかな成長を生活リズムが確立します。また、家族も一緒に規則正しい生活を送ると、子どもたちにも自然に生活リズムが身につきます。

★胃は、目覚めてから30分くらいして働き始めます。朝食に合わせて起きるのも大切です。

★朝食は、一日の生活のスタートです。脳と身体にエネルギーチャージをして、楽しいお休みや普段の生活でも元気に過ごせるようにしましょう。