12月 給食だより

冬至 ~今年の冬至は12月22日です~

冬至とは、北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日で、日照時間が最も短くなる日を指します。

*「ん」の付くものを食べよう!

冬至には2つ「ん」の付くものを食べる事を「運盛り」と言い、縁起を担ぎ運を呼び込むと言われています。

にんじん・れんこん・うんどん(うどん)・きんかん…など「ん」の付くものをたくさん食べて運と栄養を付け寒い冬を乗り切りましょう!

*かぼちゃを食べる理由

かぼちゃを漢字で書くと「南瓜(なんきん)」。「ん」が2つ付く食べ物なのです。

中でもかぼちゃはビタミンが豊富な野菜です。かぼちゃに含まれるビタミンAやカロチンには、風邪などをはじめとした病気に対する免疫力UP・視覚や視力の維持・冬に気になる乾燥肌の予防・抗酸化作用による老化防止などの効果があります。かぼちゃの旬は夏ですが、長期保存が効くことから冬に栄養を摂る為の先人の知恵でもあるのです。

*柚子湯に入る理由

・「柚子」=「融通」が利く。「冬至」=「湯治」。と言った語呂合わせで無病息災を願っている。

・冬が旬の柚子は香りが強いため邪気が起こらず、運を呼び込む前に厄払いするための禊(みそぎ)。

・実るまでに長い年月がかかるので、長年の苦労が実りますようにという願いが込められている。

柚子湯には血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防する効果があります。

また果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果や芳香によるリラックス効果もあります。