12月 ほけんだより

11月にRSウイルス感染症とりんご病が流行しました。RSウイルス感染症は毎年、寒い時期に流行する呼吸器感染症で、1歳までに50%、2歳までにほぼ100%の乳児が感染しますが、終生免疫はないため、その後も再感染を繰り返します。生後6ヵ月以下の乳児は重症化して入院する場合もあり、特に注意が必要です。かぜ症状がある場合は、マスクの着用・手洗い・うがいを行い、予防を行いましょう。

 

年末年始はほとんどの病院が休診となります。お子さまの急な発熱やけがに備えて、事前にかかりつけの病院の他に、近くの救急病院の診療時間と休診日は確認しておきましょう。また、帰省先の救急病院の情報も把握しておくことで急な怪我や病気にも対応できますのでご準備を!