11月 給食だより

冬の足音が聞こえてくる11月。ゆらりん高輪保育園では、まもなく運動会です。寒くなってきたときこそ体を動かしてお腹を空かしてしっかりごはんを食べましょう。食事は栄養の補給だけでなく体温を上げることにもつながります。冬野菜も美味しくなる季節です。食事から冬を迎える準備をしていきましょう。

冬に食べなきゃ冬野菜!

冬野菜といえば、ダイコン・ハクサイ・ネギ・ホウレンソウ・ゴボウなど、どの野菜にも体に必要な栄養素がいっぱいです。体を温めたり、風邪の予防や症状を和らげるなど、うれしい作用がたくさんあります。給食にも登場する冬野菜をご家庭でもたっぷり食べましょう。

ハクサイ
芯の白い部分にはビタミンC・β-カロテンが含まれ、体を温める効果もあります。

ダイコン
冬に甘みを増し、消化酵素で胃腸の働きを整えます。葉には、粘膜や皮膚を保護するカロテン、野菜の中でもトップクラスの多さで鉄分が含まれています。

ホウレンソウ
鉄分が豊富。風邪予防のビタミンC、免疫力アップのβ-カロテンも含まれています。

体を温めて風邪予防

風邪のウイルスを防ぐには、免疫機能を高めること、体を温めることが大切です。ビタミン・ミネラルを十分にとり、バランスの良い食事を心掛けることが風邪の予防になります。

体を温める食品
ネギ・ニラ・タマネギ・ショウガ・カボチャ・ゴボウ・ニンジン・ダイコンなど

体を温めるメニュー 

・根菜たっぷりカレー
タマネギ・ニンジン・ダイコン・ゴボウの冬に美味しい根菜にカレールウに入っている香辛料で体を温め効果アップ。

・カボチャの煮物
甘いカボチャの煮物に少量の千切りのショウガを足すと風味もよくなります。

食材図鑑

もやし
安価でカロリーは低いですが、ビタミン・ミネラルをバランス良く含む食材です。また、発芽の際にアミノ酸の一種であるアスパラギン酸が作られます。新陳代謝を高め、疲労回復にも効果があるといわれています。含まれるビタミン・ミネラルは熱に弱いので過熱時間は短めにしましょう。

栄養素たっぷりのキノコ

秋の食材に欠かせないキノコ。食物繊維・ビタミンD・ミネラルなどを豊富に含んでおり、香りがよく、どんな料理にも合う優れものです。キノコを食べることで、便通もよくなります。また、キノコはカリウムが多いため、塩分の過剰摂取を抑制するともいわれます。

シイタケ・マイタケ→免疫力をサポート

エリンギ→食物繊維・ナイアシンが特に豊富。歯ざわり抜群!

エノキタケ→精神安定に効果的な天然アミノ酸のギャバが豊富