ほけんだより H30年12月

保健だより画像

朝晩の気温が下がり、空気も乾燥してきましたね。皆さんの体調はいかがでしょうか。冬は様々感染症が流行しますので、生活リズムを整え前日の疲れを引きずらない生活を心掛けたいですね。急な発熱や嘔吐など体調の変化を見逃さず観察してまいります。

11月のゆらりんの様子

マイコプラズマ肺炎・・・3名(うち職員1名)

園全体でマイコプラズマ肺炎の感染が拡大してしまいました。ご心配をおかけいたしました。先月は鼻水、咳の症状のお子さんが多かったです。咳の症状があるときは可能であればマスクの使用をお願いします。また症状が長引く前に早めの受診をお願いいたします。

冬の保健活動について

練馬区では胃腸炎や溶連菌感染症が流行しています。これらの感染症予防のため11月12月で手洗いをおさらいしていきます。

*手洗い頑張っています!

11月は乳児クラスで手洗い指導を行いました。もも、すずらん組は手洗いの歌の絵本を読みながら基本的な手洗いを保育者と一緒に行いました。さくら組はインフルエンザを学べる絵本を読んでから手洗いを行いました。どのクラスも丁寧に洗えていましたよ。引き続き楽しくできるよう関わっていきます。

*ゆり組さんを対象に体の仕組みについて学びました!

「人間の骨の数は?」「赤ちゃんの頭の骨は?」「関節って何だろう?」「じん帯って何だろう?」「なぜお腹には骨がないの?」「心臓と肺を守る骨とは?」について学んだあと「生活の中で気を付けること」の中で、お友達の手を引っ張ったり、押したりするとどうなるか子どもたちに問いました。「転んでしまう。」「ケガしちゃう。」などの言葉が聞かれました。公園で走って転んだ場合も骨折などの危険性があることを骨の図を見ながら説明しました。とても真剣な眼差しで興味津々と聞いてくれ、質問タイムでは、ほぼ全員のお子さんが質問してくれました。難しい内容でも理解しようと聞いてくれたゆり組さん。とても成長を感じました。今後も保健活動として今後の生活に役立つ内容を一緒に学びたいと思います。

*その他には職員向けに嘔吐処理の方法や、窒息時の対応を行っています。

歯科検診(全園児)終了いたしました

今年度2回目の検診だったので子どもたちも慣れたのか楽しくスムーズに行いました。終了後は幼児クラスを対象に、斎間先生と歯科衛生士さんによる歯磨き指導がありました。クラスごとに分かれて丁寧に教えて頂けました。歯ブラシの持ち方、上の歯、下の歯のブラッシングの仕方など、初めは模型を用いて練習してから自分の歯ブラシを使って磨きました。とても上手にできており、先生のお話もしっかり聞くことができました。ご家庭でもできるようお声かけください。

全園児健診、終了いたしました

予防接種をお受けになりましたら、健康カードにご記入をお願いします。

お知らせ

・身体測定

もも・・・12月3日(月) すずらん・・・12月5日(水) さくら・・・12月4日(火)

すみれ・・・12月6日(木) ひまわり・・・12月7日(金) ゆり・・・12月10日(月)

嘱託医による健康診断(もも)・・・12月11日(火)、12月25日(火)