給食だより H28年5月

調理室の工夫

<生野菜は出しません>
生野菜はどんな献立の場合にも出しません。
全ての野菜には、焼く・煮るなど火を通しています。

<給食は薄味>
園児が濃い味に慣れないよう、また食材自体の持つおいしさを味わってもらうために、料理は薄味にして出すようにしています。

調理風景を子どもたちに見てもらえるように、調理室の窓は透明のガラスになっています。調理中の良い匂いに、食欲は増し、食に対する関心も高まると考えています。
調理室の前を通る度に、満面の笑顔で手を振ってくれる子どもたちを見て、こちらも元気をもらっています。