8月ほけんだより

猛暑が続いています。子どもたちは、暑さの中でも夢中になって遊ぶので、水分補給には十分に気を配りましょう。また、夏休みに遠出される方も多いと思います。体調やけがに気を付けながら、楽しい夏の思い出をつくりましょう。

お休みの過ごし方

お休み中も規則正しい生活を心掛けましょう。毎日を元気に過ごせるように、早寝早起きを心がけ、ご飯は3食きちんと食べましょう。また、クーラーのついた部屋で1日中過ごすのではなく、午前中の涼しい時間帯などを使って、できるだけ外で体を動かすようにしましょう。その際には必ず帽子をかぶり、水筒を忘れずに持っていきましょう。こまめに水分補給を行い熱中症予防をしましょう。

水分補給について

水分補給はこまめに行うことが大切です。おすすめの飲料は麦茶です。園でも麦茶をこまめに飲んでいます。麦茶は、身体を冷やし血液の流動性を高めてくれるため熱中症予防に最適です。また、運動後にたくさん汗をかいた時は、麦茶に少量の塩を入れたり、飲料水に少量の塩と糖を入れて水分補給を行うと水分を吸収する時間が早くなるため、より良いといわれています。

寝冷えに気を付けましょう

クーラーを使用する時期となり、冷やし過ぎなどによる寝冷えが増えています。クーラーや扇風機は様子を見ながら止めるようにしましょう。また、パジャマは汗を吸収しやすい綿やタオル地の物を着せ、上着はズボンの中に入れます。寝る時は、お腹にタオルケットなどをかけましょう。