H30.2月 保健だより

気温が低く乾燥した日が続いています。一般的に1月下旬から2月上旬が最も寒くなると言われています。感染症もまだまだ流行っているので手洗い・うがいをきちんと行い感染症予防に努めましょう。

 

鼻水のおはなし

寒い日が続き、鼻水の出ているお子さまが増えています。鼻水のほかに発熱、喉の痛み、食欲不振、黄色や緑色の粘り気のある鼻水が続くなどの症状があれば病院で診てもらいましょう。

<どうして鼻水が出るの?>

鼻水は身体を守るために必要なもので、鼻や喉についたウイルスを排除するために出るものです。また、炎症を起こした鼻の粘膜を守る役目もあります。

<鼻をかめないお子さまは・・・>

ティッシュでこまめに拭く、鼻水吸引器などを使って吸い取ってあげましょう。

また、頻繁に鼻水を拭いていると、鼻の下の皮膚が赤くただれてくるので、その場合は炎症を抑える軟膏を塗ってあげましょう。