ほけんだより H29年2月

保健だより画像

寒さが本格的になってきました。練馬区内の保育園でもインフルエンザが流行しています。
インフルエンザ罹患時は、薬の服用の有無にかかわらず異常行動が出現することがあります。
特に、発症後数日以内(2日以内)に発現することがあるため、インフルエンザと診断されましたら少なくとも2日間はお子様から目を離さないようにしましょう。

毎週毎に、練馬区保育施設のインフルエンザ情報を張り出しますのでご覧ください。
ゆらりんもインフルエンザ対策をしてまいります。

1月のゆらりんの様子

咳、鼻水のお子さんがとても多かったです。また、空気の乾燥から肌がカサカサのお子さんが多く皮膚のかゆみの症状も見られました。

インフルエンザA型 すみれ3名、ひまわり5名、ゆり1名…全員、治癒しました。

子どものスキンケアについてご紹介します

皮膚は下から皮下組織、真皮、表皮からできています。表皮は0.2mm前後しか厚さはありません。しかし体から水分が失われるのを防いだり、体温を調節したり物理的な刺激から体を守ったりと多くの働きをしています。子どもは20代の女性と比べると半分以下しか皮脂がないため、小さい子は特に保湿したり保護することが大事です。

2014年に行われた研究によると両親や兄弟に1人以上のアトピー性皮膚炎のいる新生児に生後1週から32週まで毎日保湿剤の塗布を行ったところ、そうしなかった乳児よりも3割アトピー性皮膚炎の発症が少なかったとのことです。

ワセリンやヒルドイドなどがおすすめです。塗り方は1日2回。軟膏・クリームの場合は大人の人差し指の先から第一関節まで、ローションの場合は1円玉の大きさの量を大人の手のひら2枚分の範囲に塗り広げてテカるほど。塗り込まず、トントンとなじませるようにしましょう。白くクリームが肌に残っても効果はあります。塗るときの摩擦が肌に良くないです。唇も乾燥しているお子さんが多いです。ひび割れて出血してしまいます。ワセリンを寝る前に塗るとよいでしょう。

お知らせ

身体測定  もも…2月3日(金)、すずらん…2月1日(水)、さくら…2月2日(木)、すみれ・ひまわり・ゆり…2月6日(月)

嘱託医による健康診断(もも)…2月14(火)、2月28日(火)