給食だより H28年12月

給食だより画像

12月になり、早いもので今年も残り1ヶ月となりました。今年は11月に初雪が降り、東京も厳しい寒さになってきましたね。寒さに加え空気が乾燥してきたり、1年の疲れが出てきたりして、風邪を引きやすい時期になります。バランスの良い食事をしっかりとり、手洗いうがいをして乗り越えましょう。そしてクリスマス、大晦日、お正月と続くイベントを楽しくお過ごしください。来年、元気な姿でお会いできること、給食室一同楽しみにしています。

冬至について

2016年の冬至は、12月21日です。冬至とは1年で日照時間が最も短くなるため、1年で最も昼が短く、夜が長い日になります。南瓜は夏が旬の野菜です。なぜ冬至には南瓜を食べると良いと言われるのでしょうか?それは体が温まり免疫力が上がり冬を乗り越えられるようにするため、厄除け、運気を上げるためと諸説あります。

南瓜にはビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・鉄分がバランスよく含まれていて、風邪・冷え性・貧血・がん予防や体力回復等たくさんの効果があります。そして南瓜は保存のきく野菜です。昔の人は夏に取れた栄養たっぷりの南瓜を保存して、冬に食べて厳しい寒さを乗り越えていたのですね。

給食では、食事としてほうとう風うどん、マッシュパンプキン、おやつとして南瓜ケーキを提供します。献立にある里芋のそぼろ煮の里芋を南瓜に、コロッケのじゃが芋を南瓜にして南瓜コロッケにしても美味しいです。南瓜はサラダや、煮物、揚げもの、炒め物といろいろな調理ができますので、ご家庭でも南瓜料理を取り入れてみてください。

今月の食育

ももぐみ・・・かぼちゃに触れる(20日)
すずらんぐみ・・・根菜に触れる(1日)
さくらぐみ・・・クッキーの型抜き(19日)
すみれぐみ・・・鏡もち作り(26日)
ひまわりぐみ・ゆりぐみ・・・年越しうどん作り(27日)

お誕生日会(16日)は和食のメニューを、おたのしみ会(21日)はカラフルなクリスマスメニューを考えています。お楽しみに!