給食だより H30年3月

給食だより画像

春の空気を感じられ、八百屋さんには菜の花やふきのとうが並ぶようになりました。春は出会いと別れの季節です。卒園を控えるゆり組の子どもたち。食育活動ではみそ作りや献立作りなどに挑戦し、楽しむだけではなく学びを深めるその姿は、ひまわり組の子どもたちの憧れになりました。たくましい姿を見せてくれるのはゆり組だけではなく、お箸を正しい持ち方で使えるようになったひまわり組、フォークを正しく使い、お箸を使ってみようとするすみれ組、スプーンを下から握って使えるようになったさくら組、自分で食べることができるようになったすずらん組、食べることを楽しむもも組の子どもたち。それぞれの成長を食事を通して感じています。他の子に比べるとうちの子は…と悩むお母さんもいるかもしれません。でも、1年前と同じ姿という子はひとりもいません。一緒に楽しみながら食事をして、成長を見守っていただけたらと思います。

人気のおやつ

今年度、子どもたちに人気だったおやつをご紹介します!

【豆腐ドーナツ】

ゆらりんまつりでも、みなさんに食べていただきました。豆腐とホットケーキミックスの割合は1対1。混ぜてスプーンですくい落して油で揚げるだけの簡単おやつです。もちもち食感で、きなこをまぶすと、懐かしいほっこりした味わいになります。

【もち米しゅうまい】

お誕生日会のメニューでも、おやつでも人気だったもち米しゅうまい。しゅうまいの皮の代わりにもち米をまぶして蒸し上げます。もち米がふっくら仕上がるコツは、一晩水に浸けておくこと。たっぷり水を吸ったもち米をざるにあげて余分な水分を切って、肉だねにまぶします。

【小松菜とバナナのケーキ】

見た目は緑がたくさんで、野菜を感じるケーキ…でも野菜が苦手な子どもでもぺろりと食べることができました。優しいバナナの香りがふんわりと香ります。小松菜は茹でずに蒸してから刻むことで栄養を逃さず生地に混ぜ込んで焼き上げました。

【たくあんおかかおにぎり】

刻んだたくあん、かつお節、チーズ、ごま、しょうゆをごはんに混ぜ込みます。たくあんのぱりぱりした食感がアクセントになり、つい食べ過ぎてしまうおにぎりです。チーズをごはんが熱いうちに加えることで、チーズがほどよく溶けて、まとまりがよくなり握りやすくなります。

来年度は、保護者の方に手に取っていただけるようなレシピを作成していきたいと思っております。保育園の気になる料理、お子さんがお家で話していた料理など、教えていただけるととても参考になります。調理室一同、毎日の食事はもちろん、家庭支援にもますます力を注いでいきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

<3/2はひなまつりメニューです>

ちらし寿司・・・コーンやさやえんどうで彩り豊かなちらし寿司。花形に抜いて、さらに華やかに仕上げます!

鮭の西京焼き・・・甘めのみそに漬け込んだ鮭を、蒸し焼きにしてふっくらと。魚屋さんに届けてもらう鮭は極上品です。

菜の花のおひたし・・・春の訪れを告げるほのかな苦み。柔らかい春キャベツと合わせて食べやすくします。

麩のお吸い物・・・手まり麩や花麩などのかわいらしお麩がぷかぷかと気持ちよさそうに浮かぶお吸い物です。

ひしもち風シベリア・・・ゆらりん自由が丘保育園がアレルギーレシピコンテストで優秀賞をもらったレシピです。米粉を使いしっとりと焼き上げ、隠し味にみそが入っています。

今月のイベントと食育

もも組・・・ふりかけ作り(26日)

すずらん組 ・・・ラップおにぎり(5日)

さくら組・・・おにぎり・お弁当作り→お散歩ランチ(20日)

すみれ組・・・お好み焼き作り(7日)

ひまわり・ゆり組・・・サンドイッチパーティー(27日)

お誕生日会メニュー(19日)・・・まだひんやりとした春の気配を感じながら、体温まるメニューにしました。おやつはベリーがたくさんのチーズケーキです。