ほけんだより H29年10月

保健だより画像

だんだんと秋の気配がしてきましたね。季節の変わり目の体調はいかがでしょうか。空気が乾燥してくると咳や鼻水の症状が出やすくなります。保育室も室温・湿度を見ながら加湿を始めていきたいと思います。インフルエンザの予防接種も10月の後半からを考えているご家庭もあると思います。乳児幼児は2回接種ですので、早めのスケジュールをお勧めします。

9月のゆらりんの様子

RSウィルス・・・1名、手足口病・・・1名

突然の発熱や咳・鼻水のお子さんが多かったです。また、風邪の前後に目やにの症状が出ていたお子さんもいました。練馬区全体では9月の中旬まで手足口病が警報基準値を超えていました。

視力検査について

学校保健安全法によりますと、就学時健診の視力検査が義務付けられています。視力検査の経験がないまま入学すると視力検査の方法がわからないなどの混乱が生じています。また、弱視の早期発見のために保育園での視力検査は重要です。

ゆらりん大泉学園保育園では、ゆり組さんを対象に、ランドルト環単独指標を用いての視力検査を行います。黒い円の切れ目の方向を指で指してもらう方法で2日間行い、検査結果をA~Dの判定でその都度お知らせいたします。結果は目安としていただき、気になる場合には眼科受診をお勧めします。

弱視とは子どもの目は、ものを見ることを繰り返して発達していきます。しかし6・7 歳頃までの間に目の病気やケガ、異常が原因でものを見る訓練ができなかった場合、目の発達が阻まれてしまいます。こうして視力の発達が止まった状態を弱視といいます。片方の目だけが弱視になることも多く、ほとんどの子どもが自分で気づくことができません。 弱視の出現率は,人口の 1.5~2%といわれています。早期に発見し,適切な治療を行えば,治る可能性は高まります。しかし、目の発達期である 6・7 歳頃を過ぎると治癒率がさらに下がり,回復できない可能性が高まります。 早期発見が重要です。※ランドルト環に充分慣れてから楽しく遊び感覚で行います。ご不明な点がありましたら看護師にお声かけください。

お知らせ

・身体測定

もも…10月2日(月) すずらん…10月4日(水) さくら…10月5日(木)

すみれ…10月6日(金) ひまわり・ゆり…10月11日(水)

・嘱託医による健康診断

もも…10月10日(火)、10月24日(火)