ほけんだより H29年8月

保健だより画像

本格的な夏がやってきました。子どもは、体温調節機能が充分に発達していないので、通気性の良い衣服を着用したり、汗をかいたらそのままにせず、体を拭いて着替えたりしながら暑い夏を乗り切りたいですね。

8月も引き続き、手足口病が流行すると思われます。夏も手洗いうがいをして、感染予防していきます。また、子どもたちだけでなく、職員も手洗いうがいを行い、玩具や保育室の清潔を保ち、感染の拡大を防いでいきます。

7月のゆらりんの様子

手足口病・・・6名、溶連菌感染症・・・1名

先月は、乳児クラスでは手足口病のお子さんが多かったです。幼児クラスでは発熱のお子さんが多くみられました。

夏の感染症について

手足口病

手、足、口に発疹ができる病気で夏に流行することが多く、唾液(よだれ)や便を介して感染します。手のひら、足の裏に平らな楕円形の赤黒い水疱のような発疹が出現します。ひじ、ひざ、おしりにも発疹が出ることがよくあり、発疹は数日で茶色くなって吸収されます。また口の中に直径 2~3 ミリの口内炎が多数出現します。

治療は対症療法が中心ですが、口内炎の痛みのために食欲が落ちて、点滴が必要となることがあります。通常は自然に治る病気なので、水分がとれていれば心配はいりません。登園の目安は、発熱や口腔内の水疱・潰瘍の影響がなく、普段の食事がとれることです。(保護者記入の登園届が必要です。)

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナは,発熱とのどを中心に、赤みを帯びた水疱あるいは、潰瘍を特徴とし夏に流行する子どもの急性ウイルス性咽頭炎です。 感染経路は接触感染を含む経口感染と飛沫感染です。治療は通常は対症療法のみで、時に脱水に対する点滴が必要なこともあります。 特別な予防法はありませんが、感染者との濃厚な接触をさけること、流行時にうがいや手指の消毒をすることなどが大切です。登園の目安は、発熱や口腔内の水疱・潰瘍の影響がなく、普段の食事がとれることです。(保護者記入の登園届が必要です。)

咽頭結膜炎(プール熱)

アデノウイルスによる感染症で、プールでの感染も多くみられることから、プール熱とも言われていますが必ずしもプールでうつるわけではありません。季節的には夏に流行が多いのですが年中見られる疾患です。 発熱で発症し、頭痛、食欲不振全身倦怠感とともに、のどの痛み、目の充血、眼痛、まぶしさ、流涙目やにを訴え、3~5 日間持続します。 抗原検出キットがあり、迅速診断も可能です。登園の目安は主な症状が消え2日経過してからです。(医師記入の意見書が必要です。)

お知らせ

・身体測定

もも・・・8月1日(火) すずらん・・・8月2日(水) さくら・・・8月3日(木)

すみれ・・・8月4日(金) ひまわり・ゆり・・・8月9日(水)

・嘱託医による健康診断

もも・・・8月1日(火)、8月22日(火)